もきっと知りたかったトレンドな話題とゴシップ情報|芸能人と有名人情報
不倫

「コロナ不倫」「テレワーク離婚」…いま、夫婦の絆が試されている

「コロナ不倫」「テレワーク離婚」…いま、夫婦の絆が試されている

パンデミックによって閉塞的な空気が世界を覆っています。テレワーク中の友人たちと話したら、「ストレスがたまって時々、クッション3枚を顔に当てて思い切り叫んでる」という生々しいエピソードが。そうやって発散できる人はまだ良いですが、家庭が不穏な空気になってしまうケースも多いようです。「もともと夫婦仲があまり良くなかったところが、ストレスマックスになっている」という話も聞いたということです。

4月12日に放映された「サンデージャポン」でも「コロナ離婚」の実態を取り上げていました。例えば、「テレワークの会議に映り込むから部屋を片付けて」と言ってくる夫に苛立ったり、コロナに対する価値観が違う夫が、手洗いもマスクもうがいもせず子どもに触ることに抵抗を感じたり、「なんでまた焼肉? 肌荒れてるんだけど」といった夫の発言に怒って別居したりすると・・・。

 テレワークで夫婦やカップルがいつも顔を合せることになって、些細な言動に苛立ったり、価値観の違いが浮き彫りになっているようです。そんななか、民泊を利用し、夫婦が一時的に距離を置く避難所のサービスを始めた会社もあるというから驚きです。

 番組では宮崎謙介、金子恵美夫妻が出演し、「私がせっかく朝食を作ったのに夫が食べないで別のものを食べたことでケンカになった」と金子氏が話していました。とはいえ二人とも穏やかな表情でそこまで殺伐としてはいなそうです。ソーシャルディスタンスを取れるほどの広いソファーなど、家が広くて環境が良ければ、そこまで不穏な空気にならないのかもしれないということです。

番組の中で金子氏が、「家でゴロゴロしている夫が視界に入るとイライラする」という友人のエピソードを紹介していました。でも一方で、一緒にいることでますますラブラブになっている夫婦やカップルもいるそうなのだそうです

ラブラブな様子を披露するセレブたち

例えば、アメリカで自主隔離中のショーン・メンデスとカミラ・カベロのカップル。散歩しながらキスしたり、イチャつく様子がパパラッチされています。ラッパーのカーディ・Bは、家にこもってラッパーの夫、オフセットと「やりまくっている」と公言。ライアン・ゴズリングとエヴァ・メンデスのカップルは、二人でクッキングを楽しんでいて、エヴァはライアンの料理の腕を絶賛。水川あさみと窪田正孝夫妻も、インスタライブで密着したり、仲良さそうな姿を生配信しているということです。

長友佑都と平愛梨夫婦も相変わらずラブラブで、長友氏はコロナ離婚の問題について「こんな状況でみんなストレス溜まると思うけど、一旦落ち着いて冷静になって、出会った時の気持ちやいっぱい笑った日々思い出して」「そしていつもありがとうって言ってみて。ありがとうのパワーかめはめ波より凄いから」と、アドバイス。そうですか……心暖まりますね。出会った時を思い出すと、今とのギャップを痛感する人の方が多そうです。

「コロナ離婚」とは無縁そうなセレブたちの姿には、ため息をつかずにはいられません。家が広くて顔を合せていても息が詰まらない住環境、稼ぎが十分にありしばらくは困らない経済状況、そして見目麗しく視界に入っても苛立たない夫婦のルックスなど、コロナによりQOL格差が浮き彫りになっているようにも思います。もちろん人間ができていて、不安要素はあっても助け合って感謝し合える夫婦も存在しているとは思いますが、非常事態の時は人間性が露わになってしまうものです。

感染経路から不倫バレするケースも・・・

家にいられて苛立つ場合とは反対に、こんな時でも家を出ていって浮気に励むケースもあるようです。ちょっと前に話題になったのは、イギリス人の30代の夫がイタリアの愛人を訪ねた後、コロナウイルス検査で陽性を示した、というケース。妻には出張だと偽っていて、感染経路の調査でも愛人の名前を明かすことは拒否していたそうです。

日本でも、「感染経路不明」のケースが増えていますが、その中にはどうしても感染経路を言えない事情の人もいることでしょう。3つの密や濃厚接触を控えなければならないご時勢ですが、浮気調査の依頼が増えている探偵会社もあるようです。探偵会社のブログには、家族のためにマスクを遠くまで探してくる、と出かけた夫が愛人とスーパーに並んでいたという、呆れるような事例が紹介されていました。外出自粛中にもかかわらず、わざわざ出かけて行く配偶者は怪しい、という見解も(ポケモンのバトルの場合もありますが……)。

人類の危機に直面し、生命を脅かされることで、子孫を残したいという本能的な欲求にかられるのかもしれません。「コロナ不倫」「コロナ離婚」「コロナDV」……どこにも逃げ道がないような状況ですが、どうすればこの苦境を乗り越えられるのでしょう

「コロナ家庭不和」を乗り切る方法5つ

懸賞付きのパズルやミニゲームで少しお金を取り戻し、プライド復活

仕事の収入が減ってしまったことがストレスで、家庭内の空気が悪くなっているケースが多いようです。ちりも積もれば山となるので、暇を持て余している夫(妻)がいたら、コンビニのポイントカードのミニゲームや、懸賞付きのパズルを勧めてみるのはいかがでしょう。少しでも収入の足しになればプライドも保てるかもしれません。

瞑想する

瞑想している人からは平和なヴァイブスが放出され、家中に良い影響を及ぼすと思われます。目を閉じていれば、室内でゴロゴロする人の姿も見えません。自分の心の平安と、家内安全を得られそうです。

「学ばせていただいてありがとうございます」と言う

今回の試練など、ネガティブに見えることでも、「全ては学び」という教えがあります。パートナーにイラッとすることを言われたら、「学ばせていただいてありがとうございます」と真顔で言うのはいかがでしょう。相手は一瞬ひるみ、おとなしくなってくれることでしょう。

パートナーが人間だと思うと苛立ってしまうので、細胞の集合体として捉える

人体は推定37兆個の細胞からできています。今、最も大切なのは免疫システムを司る細胞たち。白血球のT細胞やB細胞、樹状細胞といった細胞に感謝をすることで心穏やかになります。「今日も夫(妻)は咳をしなかった。免疫細胞のおかげです。ありがとうございます」と……。まだ感染していない場合は、そのことに感謝して、相手の免疫力の高さをほめたたえることで、ポジティブな空気になるのだそうだ。

試練を乗り越えた世の夫婦やカップルが、さらに絆を深めることを陰ながらお祈りいたします。感染してしまった場合は、相手の細胞に愛を送りましょう。きっとポジティブな方向に進むそうなのです!

転載元:現代ビジネス