もきっと知りたかったトレンドな話題とゴシップ情報|芸能人と有名人情報
最新ニュース

新型肺炎の最悪のシナリオはスーパー・スプレッダーの登場だ!!

新型肺炎の最悪のシナリオはスーパー・スプレッダーの登場だ!!

中国・武漢で発生した新型コロナウイルスは、世界中に感染者が拡がり、警戒が強まっている!。このまま2003年のSARSウイルスや2015年の韓国・MERSウイルスを超えるパンデミック爆発)へと突き進んでしまうのだろうか!何億人という中国人が大移動する春節を迎えて日本ではどのような危機が迫っているのだろうか?

スーパー・スプレッダーの恐怖とは

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が止まらない。当初の「感染は限定的」との見方は一転してしまい、中国政府は「人から人へ」の感染を認めたではないか!。そして更になんと27日からは中国から海外への団体旅行も禁止したのだ!中国国内の発症者数は2000人を超え、死者は56人に増加しているのだ!新型肺炎の感染は中国本土以外にも飛び火してしまい日本で1人の発症が確認された他にも、タイ、韓国、USA、台湾、香港、マカオでも感染者が出ているのだ!
最悪のシナリオは、日本国内にいわゆる「スーパー・スプレッダー」が現われることなのです!これ(スーパー・スプレッダーが現れる事)はつまり、感染者1人が10人以上にウイルスを広げる感染源になることを意味するのです!

corona virus - 新型肺炎の最悪のシナリオはスーパー・スプレッダーの登場だ!!

そもそも、最初の患者は昨年11月に既にいたとの事である。それを現地の人がSNSで拡散したところ、中国政府の情報統制にあって情報が広まらず、有耶無耶のまま2か月近く経ってからこのバタバタなのだ。つまり、情報が統制されている間にもどんどん罹患した人たちが増えているはずだ。中国政府の初動のミスで、もはやどこまで広がっているかなど把握できようもない。
shinngata haien - 新型肺炎の最悪のシナリオはスーパー・スプレッダーの登場だ!!

気付かずに来日した人がバラまく可能性は十分にあるだろう。今年の春節期間中に中国本土から約100万人が来日すると予想されていたことを踏まえて、現時点での発症率を考慮すると既に日本国内に数千人のウィルス保有者が滞在していることになるだろう。潜伏期間を考慮すると今週末までに連日加速度的に発症者が見つかることになるだろう。それらの発症者が今後各地の医療機関に殺到し、更には院内感染で医療従事者や入院患者に二次感染が広まり、医療が全国的に麻痺してしまうだろう。その間に電車や街の中で移動する患者からの飛沫感染が進行し、都市部で飛び火のようにあちこちで感染者が続出し、行政の対応能力を超えた統制不能な感染の拡散、いわゆるパンデミックになるだろう。
今週は不要不急な外出を控え、パンデミックとなった場合は仕事や学校を休み、事態が収束するまで自宅に篭り接触を一切断つことしか身を守ることはできない。食糧などの家庭内備蓄や手洗いとうがいの徹底などで自己防衛するしかないのだ。

pandemic - 新型肺炎の最悪のシナリオはスーパー・スプレッダーの登場だ!!